マンション評価方法は?|高く売るときのコツ教えます

不動産を売るときに強気の価格付けをするためには

歳をとるとマンションに住みたいと思う

現在住んでいる家は、中古物件です。

中古と聞くと皆さん、どこかボロくなっている、
修繕しないといけないというイメージを持たれる方が多くいらっしゃるようですが、
私どもの家は、そうではありませんでした。

結婚して4年以上、1人子供が産まれたので、
2Kの賃貸暮らしから脱出しないと
新婚家賃補助が5年で終了するので
何とかして家を購入しないと、と思っていました。

とはいえ、予算もないので新築でなく中古を探していたところ
ちょうど不動産の方がいい物件があるよと
教えていただいたのが今の家です。

環境も静かで空気もきれいで、役所や学校、スーパーにも近く、
これから子育てをするうえでここならばと思い選び2380万円で購入しました。

部屋の広さは4LDK。
2人位子供ができても、十分に対応できる広さで、
築年数も6年落ちということで家の内装も非常にきれいな印象を受けました。

住宅ローンを組む時に、初めの3年間は固定金利で設定して申し込まないといけない状態だったので、
頭金、諸費用のみは現金で払いあとは住宅ローンで返済するという形になりましたので、
後々で気づいたのですが、
やはりある程度頭金は貯めておなかければいけなかったかなというのが唯一の後悔です。

ですが、実際住んでみて、ほとんど隣の家の声は聞こえず、
かといえご近所さんとの挨拶はちゃんとできる位のコミュニケーションはとれる環境であったのはよかったです。

生協の班がたまたま近くにありまして、寄せていただきましたので、
常用食品は毎週配達していただけることになり
生協を通じてご近所の方とお話をできることにもなり、
その点も住んでみて初めて気づきました。

マンションに比べて、自分で補修すべきところは自分でリフォームできるのが戸建てのいいところですが、
階段の上り下りが高齢になると事故を起こさないかと気がかりになります。

なので、次回、年老いてきた時には、マンションでの居住を検討したいと思います。

Updated: 2月 9, 2016 — 11:16 am

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マンション評価方法は?|高く売るときのコツ教えます © 2017 Frontier Theme